SIMロックフリーのiPhoneを準備する

格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月額1000円以下なんていう料金になることが。

いったん、考えてみても悪くないのではないでしょうか。

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、価格だけでなく基盤がしっかりとした会社を選ぶ必要があることが分かります。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

でも、実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

たとえば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

さまざまなMVNOもドコモのネットワークを使用しているはずですが、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由として通信速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

この「回線帯域の太さ」と「設備」とは会社によって異なるものです。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

それでも使いたい場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他の会社のSIMは使えないロック(SIM)がかかっています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

今あるスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>格安SIM テザリング xperia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です