通信速度チェックを実際に行ってみる

実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。

大手キャリアだと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月々数百円なんていう料金になることが。

一回は、見直しを考えてみてもいいのではないでしょうか。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、インターネットやメールは問題なくできます。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。

そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

SIMカードとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。

通常、帯域がしっかりしていればユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるMVNOを選択した方が良いことが分かります。

よく読まれてるサイト⇒おすすめの格安SIM業者。通話は大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です