高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかります

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

とはいえ、速度を実際に計ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

さまざまなMVNOもドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は各社によって違ってくるものです。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなくサービス品質も考慮して選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>格安SIM を家族でシェアする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です