格安SIMがよくわからない人

格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろいろな仮想移動体通信業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と設備のところに影響を受けるということがあります。

「帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

大手キャリアのスマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれているICカードのことを指しています。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

格安SIMが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。

通常だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと1000円未満ということも。

ここはひとつ、考えてみても悪くないのではないでしょうか。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMがよくわからない人や、メインとして使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

ドコモの回線を使用している業者であればNTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、料金だけでなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。

よく読まれてるサイト⇒本当にかけ放題?おすすめの格安SIMとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です