近年のタイプは餌をあげるだけでなく

ペットのご飯は、人間が食べても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

ペットの健康に良くないペットフードと言うのは、基準値以上(法律で定められた以上)の農薬が残っていて出荷できない野菜など、人にとっても害のある廃棄用の食材が含まれています。

人間が食べて害のあるものは、人間より内臓の機能が劣る動物たちにとっても良いはずがありません。

また、新鮮な材料を使っているエサは、犬たちの食いつきも良いので、添加物など、害があると言われるものでの加工の必要が無くなるのです。

とは言え、飼い主が試食するわけにもいきませんよね。

ペットの食事に使われている肉、野菜などが新鮮かどうか、人が食べても大丈夫なものかは、販売者のホームページに記載されているので、確認しておいた方が良いです。

原材料に問題がないペットフードであれば、必ずホームページで大きく記載されています。

自動給食機の基本機能は、タイマー設定で自動的にペットにごはんを与えることができること。

作りはメーカーによっていろいろで、1日の設定数が予め決まっているものから、自由に何回でも設定ができるものまであります。

時間が来ると器のふたが開いたり、自動的にペットフードが出てきたりして、猫にごはんを提供してくれます。

近年のタイプは餌をあげるだけでなく、新たな機能が追加されたオートフィーダーが次々に発売されていて、驚くほど便利になってきています。

犬のお食事の頻数は朝と夜の1日1~2回が原則ですが、もしできれば1日の量を3回に影響されずに分けてあげてください。

ちびちび食べることで消化吸収もしやすく変わるのです。

犬はえさの量よりも回数で満足すると言われています。

えさをもらえる度数が多いほど、犬にすると幸せな時間が、増えることになって心もおなかも満足します。

えさで一番大切なのは、栄養バランスがとれていることです。

エサといっても、ペットショップなどに行けばさまざまなタイプがあり、選ぶのもなかなか難しいと思います。

動物が必要とする栄養素は、炭水化物、脂質やビタミンなどと人間と同じですが、人とイヌとネコなどではそれぞれ最適な栄養バランスは違うものです。

ペット用のエサはペットショップやスーパーなどで購入できる割りと一般的なペットフードには、乾燥した固形のドライタイプと、缶や真空パック入りの柔らかいウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプとは水分がだいたい6%から10%程度に抑えられる一方、ウェットでは6割から9割程度水分が含まれています。

ちなみに水分量が25%から35%程度の半生タイプというものもあります。

ドライタイプにおいては開封した後も長期保存ができ、手軽である上に価格も手頃なので人気があります。

ウェットタイプは開封後は長持ちしないですが、おいしいですね。

もっと詳しく⇒うさぎの餌。自動給餌器で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です