スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使う

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIMがよくわからない人や、ベースとして使って行ける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると会社によって違うことが分かります。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、帯域の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。

一般に、帯域が太ければユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと1000円未満という料金プランも。

ここはひとつ、検討してみてもいいかもしれませんね。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

通常のスマホや携帯電話網に接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMカードを使うことができます。

よく読まれてるサイト⇒安定しているおすすめ格安SIM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です