無理をせずサプリメント等を活用するのがおススメ

赤ちゃんを授かったという事で産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。

食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が調理の際の加熱でその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。

それは推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても大丈夫です。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。

ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。

ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。

中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

葉酸を摂りすぎると、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。

平均体温と基礎体温は違います。

基礎体温を見ると体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

普通の体温と違って基礎体温は、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意事項もありますから、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

また、周囲の期待感や気遣い、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに重積してくるケースもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。

妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。

これらはノンカフェインなので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があると言われていますので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で摂る事です。

具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。

幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが大変だという方は、無理をせずサプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できるという訳ですね。

葉酸の摂取期間についてお話しします。

皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。

ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそうではないのです。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを下げてくれるという意味では、妊娠3ヶ月までの期間が重要な期間だという事です。

ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

これを野菜だけで摂取するのはとても大変ですから、サプリを活用してみるのが良いと思います。

葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。

葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、葉酸以外の栄養素が複数入ったサプリがお勧めです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。

こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。

ですからいま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合もサプリの利用を考えてみてくださいね。

あわせて読むとおすすめ>>>>>子供用のカルシウムサプリの効果を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です