ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素とは葉酸のこと

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても問題ありません。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。

とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。

葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

いわゆる不妊症の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性側要因と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側の原因とが挙げられると思います。

原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。

赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、両親ともに受診して検査を受けることが必要です。

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

赤ちゃんが健やかに育つように、葉酸サプリメントで補いながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと1日あたり0.4mgとなっています。

さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。

これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると難しいと思いますから、葉酸サプリを利用することをお勧めします。

むかし流産しています。

その時は自分を責めて苦しかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活について調べるようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を治そうと運動することを思いつきました。

運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。

妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。

それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。

中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。

質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。

それはつまり、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。

この話はもちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心掛けることをお勧めします。

大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。

葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと母から聞いたことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。

妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと応援しています。

妊活中には食事の内容にも気を配りますが、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。

一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。

これらのお茶はカフェインが入っていません。

妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があると言われていますので、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の処方を受けると、二周期ほどで妊娠できました。

ストレスも原因だったのかなと思います。

早めに受診するべきでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です